現代舞踊協会北海道支部about

現代舞踊協会北海道支部について

一般社団法人現代舞踊協会北海道支部
北海道支部長 佐々木かつ子
一般社団法人現代舞踊協会 理事兼任

平成30年度・平成31年度 北海道支部役員

支部長: 佐々木かつ子
副支部長: 石脇美恵子
運営委員: 木村信子、高下ゆき子、佐々木絵美、布上道代、
五十嵐里香、菅野朱美、高倉みはる、上原由美子
監事: 赤川智保、佐々木瑠美子   相談役:本江憲子
支部委員: <札幌>深宮恵子、藤原麻衣子
<旭川地区>菅野有希、行貞悦子
<帯広地区>板谷敏枝、米谷充代

概要

昭和23年 5月 日本芸術舞踊家協会を結成。
昭和31年 2月 全国組織に改組して全日本芸術舞踊協会と名称を改める
昭和32年10月12日 北海道ブロックが設立される。
昭和47年 3月28日 公益法人社団法人現代舞踊協会として改称許可を得て、北海道支部となる。
平成26年 4月 1日 一般社団法人現代舞踊協会北海道支部として改称許可を得る
〇正会員 18歳以上
〇準会員 15歳~17歳

支部長と10年以上の会員1名、計2名の推薦、理事会(東京)の承認を得て会員となる。

現代舞踊の普及・拡大と向上を図るとともに、地域の振興と後進の育成、及び創作活動を推進し、
芸術文化の進展に寄与することを目的とする。 また、その目的を達成するための事業を行う。

〇現代舞踊の公演、研修、ワークショップの開催
〇新人の育成、若手舞踊家の育成を目的とした公演
〇舞踊に関する国際的交流

設立以来、青少年育成公演、合同フェスティバル公演、助成事業、研修事業を、札幌市、旭川、帯広、釧路管内で開催、
事業は拡大し道内一円の会員が参加し活動。
北海道を拠点に国内外へ場を拡げて進出する舞踊家たち、数多くの受賞歴を有する会員たちの存在は、
後進の創作意欲に影響を与えている。
意欲的に道外で作品発表し、受賞する若手舞踊家を輩出している現況である。

連 絡 先
一般社団法人現代舞踊協会北海道支部 事務局 〒062-0031 札幌市豊平区西岡1条4丁目4番10号
電話 011-851-3110